■PROFILE

earpick

  • author: earpick
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
  • (05/15)
  • (05/15)
  • (05/15)
  • (05/15)
  • (05/15)
  • ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
  • 就職活動体験記~内定への道~
  • 履歴書・エントリーシートの書き方
  • 就職活動 自己分析 自己PR
  • 就活の面接・質問対策1
  • 就活の面接・質問対策2
  • 一人暮らし応援サイト
  • 一人暮らしのアルバイト
  • 一人暮らしのインテリア
  • 一人暮らし 引越し 引越し 無料で引越し見積もりで格安引越し! 多数の業者に引越し費用一括見積もり!
  • 就職・転職情報~IT・エンジニアリング・システムエンジニア・フード・サービス・営業・事務など~
  • 一人暮らし 部屋探し・賃貸情報
  • 就職・転職 派遣
  • 就職・転職 エンジニア・IT
  • 就職・転職 インターン
  • 就職・転職 総合
  • 就職・転職 薬剤師
  • 資格試験・スキルアップ
  • 徒然草
  • 英語名言集
  • 基礎からの国公立大英語
  • 日本全国の就職・転職情報
  • 英語イロイロ
  • 日本全国の引越し情報
  • THE WORDS
  • 資格試験・スキルアップ
  • 引越し 見積もり
  • 引越し 無料無料見積もり情報
  • 資格試験 資格取得でスキルアップ
  • 就職活動 インターン
  • みんなの就職活動日記 みん就
  • 治験 バイト 治験 モニター
  • リゾート バイト
  • 北海道 引越し 業者 見積もり 無料 格安
  • 東京都 引越し 業者 無料 見積もり
  • 神奈川県 横浜 引越し 業者 見積もり 無料 格安
  • 千葉県 引越し 業者 見積もり 無料 格安
  • 愛知県 名古屋 引越し 業者 見積もり 無料 格安
  • 大阪府 引越し 業者 無料 格安 見積もり
  • 京都府 引越し 業者 見積もり 格安 無料
  • 兵庫県 神戸 引越し 業者 見積もり 無料 格安
  • 広島県 引越し 業者 見積もり 無料 格安
  • 福岡県 引越し 業者 見積もり 無料 格安
  • 就職活動情報
  • 一人暮らしの役立つ情報
  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    第6問 物語問題
    <解法手順>
    (1)Aの設問のリード文を読んで、Key word (登場人物・場所・時間etc)をCheck!

    (2)本文を読み始める

    (3)Key Wordを発見したら、その段落の終わりまで読み、設問の選択肢を吟味する。
    それでも答えが決まらなければ、次の段落へ!(段落単位で読み進めること!)
    <以下繰り返し>

    ◆設問の順番と本文の流れは対応していることが多い!
    ◆本文を1度読みきった時点でAの問題が解けていること!!

    (4)最後にBの問題を解く
    ◆Aの設問・答えがヒントになることが多い!!

    ★選択肢と本文との該当箇所を見つけた上で○×を考える!
    ★『時の表現』『数字』『比喩』『強い表現(all,noなど)』はcheck!

    スポンサーサイト
    未分類 | 23:59:53| Trackback(0)| Comments(0)
    第4問 ビジュアル問題 
    <解法手順>
    (1)問題のリード文と本文の図・表・グラフをCheck!

    (2)本文を読み始める
    <本文の一般的な展開>  
    ①実験・調査の目的(←設問に問われやすい!)   
    purpose, end, goal, aim, (in order)to~ といった表現に注意!    

    ②実験・調査の方法  

    ③実験・調査の結果、考察   
    ここで、数字・比較・変化に注目してグラフや表の空欄を埋めていく!

    未分類 | 23:58:47| Trackback(0)| Comments(0)
    第3問C 文補充問題 
    この問題でのポイントは『どの文を読むべきか、を見極めるコト』!
    <読む手順>
    (1)第1段落 → テーマを把握  
    来年はまた変わるかもしれないが、初めて出題された2002年度以降毎年第1段落には空欄がない。ここで、「文章のテーマ」を押さえる!

    (2)空欄①~⑥の直前、直後の文 →『論理語』と『指示語』をcheck!
    「this/these+名詞」は特にcheck!後ろから修飾されていない「the+名詞」も指示語としてcheckしよう!!

    (3)選択肢の3文 →『論理語』と『指示語』をcheck!  
    論理語・指示語がなければ、抽→具がないか探ってみよう!

    ★『本文』と『補充する文』とのつながりを考える! 

    逆の発想も持とう! 
    「空欄①~⑥のうち、3箇所はなくても文がつながる!」
         ↓ということは・・・ 
    各段落にある2箇所の空欄のうち、なくても文が通るのはどっちか? 

    これができれば、選択肢もグッと絞れる!!

    未分類 | 23:57:11| Trackback(0)| Comments(0)
    第3問B 文整序問題 
    <解法手順>
    (1)指示語  
    注意すべき指示語は3つ! 
    this (+名詞)・these(+名詞)・such(+名詞)   

    (2)論理語 
     論理語は下へ

    ★『選択肢』だけじゃなく『空欄の前後の文』もcheck!

    未分類 | 23:55:54| Trackback(0)| Comments(0)
    第3問A 語句補充問題 
    <解法手順>
    (1)形式的アプローチ→品詞・文構造
    (2)内容的アプローチ→対応・内容の読み取り
    ・同義(=)  for example, namely, in other words など

    ・同類(≒)  also, furthermore, in addition, what is more など

    ・対立(⇔)  but, however, yet, though, in contrast など

    ・因果(⇒)  therefore, because, as a result, in conclusion, finally など

    未分類 | 23:54:48| Trackback(0)| Comments(0)
    第2問C 語句整序問題
    <解法手順>★3方向からのアプローチ
    ① (  )の前からのつながり
    ② (  )の後ろからのつながり
    ③ 選択肢

    解くときにはまず『部分』をつくろう!『部分』同士をつなぐ!

    一気に全部解こうとしないこと!



    未分類 | 23:54:02| Trackback(0)| Comments(0)
    第2問A 文法問題2
    ・『受身(Vp.p.)』 = 他VのOが1つ減っている!

    ・準動詞=to不定詞・動名詞・分詞の3つ

    ・主な5文型使役動詞(~に・・・させる) 
      ① make ~ do・・・ 「~に(強制的に)・・・させる」
      ② let ~ do・・・ 「~が・・・するのを許す」
      ③ have ~ do・・・ 「~に・・・させる」
      ③’have ~ done・・・ 「~に・・・される」
      ④ get ~ to do・・・ 「~に・・・させる」


    ・提案』・『条件』・『要求』のthat節の中では『should』or『原形V』

    未分類 | 23:52:46| Trackback(0)| Comments(0)
    第2問A 文法問題  
    ★文法問題を解く時の原則★
    まず、『構造』 (品詞の役割・Vの文型)から考える! 
    決して『意味』から考えるな!あくまで『構造』⇒『意味』
    ・副詞節の中では、未来を表すwillを使えない! 
    →つまり、[ 名詞節 ]や( 形容詞節 )では使える!

    ・助動詞の過去形は「過去」を表さない!!→『現在』を表す! 

    ・仮定法の見極めは『助動詞の過去形』+『前後の時制』 
    助動詞の過去形(would, could, might)を見たら「仮定法」or「時制の一致」

    ・仮定法=「条件」+「結果」→それぞれの時制の表し方を見ていこう!

    ()条件節内の動詞は、その基本時制が本来あるべき時間から一つ古い方にズレている。
    ・表したい時間が「現在」→使われる基本時制は「過去」
    ・表したい時間が「過去」→使われる基本時制は「had Vp.p」

    ()結論には必ず助動詞の過去形が使われるが、それに続く動詞の時制が表したい時間によって2つに分けられる。
    ・表したい時間が「現在」→助動詞過去形+V(原形)
    ・表したい時間が「過去」→助動詞過去形+have Vp.p


    ・ ★センターで注意すべき助動詞は4つ!
    ① may/might have Vp.p 「Vしたかもしれない」

    ② can’t/couldn’t have Vp.p 「Vしたはずがない」
    could have Vp.p        「Vしたかもしれない」
    ※can have Vp.pという表現はない!

    ③ must have Vp.p  「Vしたに違いない」

    ④ should have Vp.p. 「Vすべきだったのに(しなかった!)」


    ・<時制を考える順序>
    ①動詞の時制を考える場合は、まず「過去」「現在」「未来」のいずれか、を考える!
         ↓
    ②「完了形」「進行形」「完了進行形」etcのどれかを考える!
    ※一気に考えずに2段階に分けて考えよう!



    未分類 | 23:50:25| Trackback(0)| Comments(0)
    センター英語の戦略
    <時間内でMAXの点数を取るために>
    【1】第1・2問は『反射的に素早く』!(=短距離ダッシュ)
    「第1・2問に時間をかけすぎて、後半の長文を読む時間が全然残ってなかった・・・涙」という受験生が非常に多い。ここでの点数は1問につき2~3点しかないので、時間をかけてはいけない。わからない問題は捨てる勇気を持とう!
    落としてもさほど致命傷にはならない。むしろ時間をかけてしまうことの方が致命的である。

    【2】第3~6問は『じっくり正確に』!(=長距離持久走)
    ここは問題文を正確に読むことが必要!しかも、まぎらわしい選択肢から正解を選び出さなければなければならないので、かなりの時間を要する。
    ポイントは・・・
    ①単語力(システム英単語1~1600)
    ②『選択肢』と『本文』との対応で○×を決定
    後半は1問あたりの配点が5点以上ある。たった1問間違えるだけで大きな失点につながるので、要注意!60~65分を目安に解く練習をしていこう!

    【3】解く順番と各設問の時間配分を自分で決めておく!
    人によって解く順番は様々なので一番自分のやりやすい方法で解けばいいが、前から解くにしても、後ろから解くにしても『各設問に何分かけるか(設問ごとの目標時間)』をしっかり決めて解いていこう!(目安は後で言います)
     ちなみに僕は「集中力があるうちに配点の高い後半を解いてしまおう!」と思い、『1→6→5→4→3→2』の順番で解いていました。








    未分類 | 23:24:43| Trackback(1)| Comments(0)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。