■PROFILE

earpick

  • author: earpick
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
  • (05/15)
  • (05/15)
  • (05/15)
  • (05/15)
  • (05/15)
  • ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
  • 就職活動体験記~内定への道~
  • 履歴書・エントリーシートの書き方
  • 就職活動 自己分析 自己PR
  • 就活の面接・質問対策1
  • 就活の面接・質問対策2
  • 一人暮らし応援サイト
  • 一人暮らしのアルバイト
  • 一人暮らしのインテリア
  • 一人暮らし 引越し 引越し 無料で引越し見積もりで格安引越し! 多数の業者に引越し費用一括見積もり!
  • 就職・転職情報~IT・エンジニアリング・システムエンジニア・フード・サービス・営業・事務など~
  • 一人暮らし 部屋探し・賃貸情報
  • 就職・転職 派遣
  • 就職・転職 エンジニア・IT
  • 就職・転職 インターン
  • 就職・転職 総合
  • 就職・転職 薬剤師
  • 資格試験・スキルアップ
  • 徒然草
  • 英語名言集
  • 基礎からの国公立大英語
  • 日本全国の就職・転職情報
  • 英語イロイロ
  • 日本全国の引越し情報
  • THE WORDS
  • 資格試験・スキルアップ
  • 引越し 見積もり
  • 引越し 無料無料見積もり情報
  • 資格試験 資格取得でスキルアップ
  • 就職活動 インターン
  • みんなの就職活動日記 みん就
  • 治験 バイト 治験 モニター
  • リゾート バイト
  • 北海道 引越し 業者 見積もり 無料 格安
  • 東京都 引越し 業者 無料 見積もり
  • 神奈川県 横浜 引越し 業者 見積もり 無料 格安
  • 千葉県 引越し 業者 見積もり 無料 格安
  • 愛知県 名古屋 引越し 業者 見積もり 無料 格安
  • 大阪府 引越し 業者 無料 格安 見積もり
  • 京都府 引越し 業者 見積もり 格安 無料
  • 兵庫県 神戸 引越し 業者 見積もり 無料 格安
  • 広島県 引越し 業者 見積もり 無料 格安
  • 福岡県 引越し 業者 見積もり 無料 格安
  • 就職活動情報
  • 一人暮らしの役立つ情報
  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    【原則-4】

     How / Whatなどの疑問詞で始まる疑問文は、Yes / Noで答えられない!

    (5)
    A: Is this your first time surfing?
    B: Yes. It’s hard, isn’t it?
    A: A little. But how do you like it?
    B: [    ].


    ① No, I can’t surf well at all.
    ② Sure, how about you?
    ③ Well, I need much more practice.
    ④ Yes, I fell many times.


    (6) 
    A: I think internationalization is a world-wide challenge.
    B: [ ] “a world-wide challenge”?
    A: Yes. It’s occurring in every country, and every country has similar problems to solve.


    ① Excuse me. Did you say
    ② Excuse me, what is
    ③ I’m sorry it’s
    ④ Sorry, would you please repeat




    第2問 | 21:16:17| Trackback(0)| Comments(0)
    【原則-5】

     Why ~ ?=「意図的にする動作の理由」を尋ねる
     How ~ ?=「物事の成り行き / 手段・方法」を尋ねる
     What ~ ?=「名詞・数字」を尋ねる

     *「目的」を尋ねるWhat ~ for?はWhy ~ ?でも代用できる。


    (7)
    A: I hope it doesn’t rain today. I’ve lost my umbrella.
    B: [ ].
    A: I think I left it in the restaurant, but I’m not sure.


    ① How did that happen?
    ② Who did you lend it to?
    ③ What did you take it with you for?
    ④ Why did you do that?



    (8)
    A: Good evening, sir. Are you ready to order?
    B: Yes, I’d like lobster tonight, please.
    A: Yes?
    B: And [ ].
     A: Soup, salad, vegetables, bread or rice, and coffee.


    ① anything else?
    ② how do you serve it?
    ③ could I have some more?
    ④ what comes with it?



    第2問 | 21:15:44| Trackback(0)| Comments(0)
    【原則-6】 頻出表現は絶対に知っておくこと!
    ① How are you? / How are you doing? How’s it going? / How are things?

    「調子はどう?」 

    ex) How are things at work? 「仕事の調子はどう?」


    ② How do you like A ? 「Aのことどう思う?」
     ex) Hoe did you like the movie?
     「映画どうだった?」


    ③ How come ~ ? 「いったいどうして~?」
     ex) How come you got back so early? 

    「どうしてこんなに早く帰ってきたの?」


    ④ What have you done with A? / What did you do with A?  
    「Aをどこにやったの?」

     ex) What have you done with my pen? 

     「僕のペンをどこにやったの?」


    ⑤ That depends. / It depends. 「時と場合による。」

    ⑥ Why not? 
    (1)「もちろん(賛成)」
     (2)「なぜ~じゃないの?」
     ex) “Do you want to come along?” “Yeah, why not?”  

    「一緒に来る?」      「もちろん。」

     ex) “I haven’t done my homework.” “Why not?”
     「まだ宿題ができてないんだ。」
     「どうして(できてないの)?」


    ⑦ go ahead 「どうぞ」…相手に許可を与える

     ex) “May I ask you a question?” “Go ahead.”
      「質問していいですか。」  「どうぞ」


    ⑧ It can’t be helped. 「仕方ない」…どうしようもない状況

    第2問 | 21:14:23| Trackback(0)| Comments(0)
    ⑨ come on 「おいおい」…相手がもたもたしていたり、落ち込んでる時
     ex) “Come on! We have to go now.” 
    「おい、もう行かないと。」

    ⑩ I’m afraid ~. 「残念だけど~」…不都合なことを言う時

      I hope ~. 「~ならいいなぁ。」…希望的なことを言う時 

    ex) “Are there any tickets left?” “I’m afraid not.”  
    「チケットは残ってますか?」「残念ながら、ありません。」

     ex) “I think it will rain tomorrow.” “I hope not.”
     「明日、雨が降ると思うよ。」「そうならないといいけど。」

    ⑪ It couldn’t be better. / Nothing could be better. 
    「最高!」
    It couldn’t have been better. 
    「最高だった!」 *Itが省略される場合が多い。

     ex) “How about your summer vacation?” “Couldn’t have been better.” 
     「夏休みはどうだった?」 「最高だった。」

    ⑫ I wish I could 「残念だけど」…誘いを断る時 
    ex) “Why don’t you come with me?” “I wish I could, but I have to work.”  

    「一緒に来ない?」「残念だけど、仕事があるから。」

    ⑬ You can say that again. 「その通り」…同意する時 
    ex) “I don’t think he is happy with his job.”
    “You can say that again.”
     「彼は仕事でうまくいってないようだね。」 「そうだね。」

    第2問 | 21:11:44| Trackback(0)| Comments(0)
    <練習問題>

    (1)
    A: I grew up in a small town.
    B: [ ].
    A: It wasn’t at all. You can’t imagine the fun we had.

    ① I’d like to live in a small town
    ② That sounds like a lot of fun
    ③ That must have been boring
    ④ You must have spent a happy boyhood there


    (2)
     A: We’ve been driving in circles for an hour. Where are we?
     B: I don’t know. Let’s stop at the next gas station.
     A: Yeah, at least [ ].
    B: Why didn’t you get one before we left?

    ① they should have a map
    ② they should know
    ③ we can ask
    ④ you can get something


    (3)
    A: Is this your first visit to Tokyo, Dr.Smith?
     B: Yes, it is. [ ].
     A: Oh, really? How did you like it?
    B: I enjoyed staying there very much. It’s a really beautiful city.

    ① I have wanted to come to Japan for a long time
    ② I never expected Tokyo to be this big
    ③ I visited Kyoto once, though
    ④ I’ve never been to Japan before



    第2問 | 21:09:55| Trackback(0)| Comments(0)
     第2問C  語句整序問題 4点×3問=12点 (目標時間4分)

     ここで満点を取る必要はない。毎回、1問は難しい問題が出されるので、3問中2問できればOKである。時間配分としては1問あたり1分考えてわからなければ、次へ進もう!

    【大原則-1】
     Vを中心に組み立てること!『V-1=か・せ・ぎ』
     「か・せ・ぎ」=「関係詞・接続詞・疑問詞」のこと。

    Vに注目して、Vに対するS・O・Cを探してつなぐ。
    V-1=「か・せ・ぎ」を使って、「か・せ・ぎ」の数もチェック!
    「か・せ・ぎ」の数が足りない時は、省略を考える。省略は2パターン

     (1)関係代名詞= 名 (関代) + S V~
     (2)接続詞that=V (that) +SV~


    【大原則-2】
    注目ポイントは3つ!
     注目ポイントは『空欄の前』・『空欄の後ろ』・『選択肢』

    必ずこの3つのどこかに突破口があるはずなので、チェック!
    特に、空欄の後ろを見落とす受験生が多いので注意。


    第2問 | 21:07:21| Trackback(0)| Comments(0)
    【原則-1】 『部分』から作り始めること!その後で『部分』と『部分』をつなぐ。
     一気に1文を作ってしまおうと思わないこと!時間がかかるだけである。
    まずは、わかるところからつなげていき、最後に部分同士をつなげて完成!

    【原則-2】 and / but / orがあったら、前後に同じ形を探してセットにする!
     等位接続詞and, but, orは前後に同じものが並列されるので、「何と何を並列しているか」が分かれば、正解はグッと近づく。



    第2問 | 21:06:23| Trackback(0)| Comments(0)
    【原則-3】 文法的なつながり<普通>

    (1)V→O/C
    (2)前置詞→名詞
    (3)助動詞→原形V
    (4)be動詞→形容詞
    (5)関係詞・接続詞・疑問詞→完全文
    (6)冠詞・所有格→名詞
     これくらい知っていないとヤバイ!!


    【原則-4】 文法的なつながり<お得>
    (1)原形V(特に“be”)の直前は? → ①to-V ②助動詞
    (2)toの直後は? → ①名詞 ②動名詞(Ving) ③原形V
    (3)関係代名詞who(m)の前後は? → 前:名詞(人) 後:不完全文
    (4)関係代名詞whichの前後は? → 前:名詞(物・事) 後:不完全文
    (5)文頭のIt → ①仮S(後ろにto-V, that, wh-節を探す) ②強調構文(後ろにwho, which, thatを探す)

     この5つを選択肢や空欄の前後で見たら、素早く反応できるようにしよう!



    第2問 | 21:05:20| Trackback(0)| Comments(0)
    <練習問題>
    (1)You can look through your textbook and choose [  ][  ][  ]
    [  ][  ] four essay.

      ① you     ② want to   ③topic
      ④ whatever   ⑤ write about


    (2)Unfortunately, [  ][  ][  ][  ], [  ] was one step ahead of us.

      ① fast    ② he    ③ however
      ④ ran    ⑤ we


    (3)Children [  ][  ][  ][  ][  ] while they are playing with other
    children.

      ① how     ② human relationships  ③ influences
      ④ language   ⑤ learn


    (4)We had a flat tire on the way here, but a truck driver [  ][  ]
    [  ][  ][  ] it.

      ① be passing us   ② change  ③ helped
      ④ just happened to  ⑤ who


    (5)Science would make [  ][  ][  ][  ][  ] ideas.

      ① much progress  ② the computer networks  ③ to exchange
      ④ used by many scientists    ⑤ without


    (6)Your dog has had four puppies and you have to find a home for them.
    You call up a friend and say, “My dog’s had four puppies. Would you be interested in [  ][  ][  ][  ][  ].”

      ① do you know  ② having one  ③ of anyone
      ④ or       ⑤ who might be



    第2問 | 21:04:13| Trackback(0)| Comments(0)
     第3問A  語句補充問題 3点×2問=6点 (目標時間3分)
     論理的に根拠を持って考えていけば、必ず正解できる問題なのでここで落としてはならない!解き方をマスターしていこう。

    【原則-1】 語句補充の解法(1)形式的アプローチ・・・品詞・文構造  「選択肢の品詞」と「空欄前後から空欄に入るべき品詞」をチェック!↓(2)内容的アプローチ・・・構文・対応(論理語)
    (1)→(2)の順番で考える。最近の傾向は選択肢の品詞がすべて同じ。


    【原則-2】 選択肢の品詞 選択肢の品詞は全部でたった4種類。

    (1)等位接…and, but, for, or, so

    (2)従属接…等位接以外の接 ex) if, when, because, as など

    (3)副詞…for example, still, however, also など

    (4)前置詞…unlike, because of, in addition to, despite など*等位接は、カンマで挟めない。

     ex) S, but, V ~××*この中で1番よく使われるのは、副詞!



    <例題> 99年本試
     Throughout the world, people enjoy telling each other stories about imaginary monsters.( 1 )these are creatures with strange and horrible bodies. ( 2 )such monsters touch our deepest fears, they are very popular. It seems that people like to be scared.


     A Although   B Despite   C Often   D Then



    第3問 | 21:00:23| Trackback(0)| Comments(0)
     ☆まずは、選択肢の品詞をチェック!

    【原則-3】構文・対応(論理語)<構文> 
    知っておくべき構文は2つ。
    (1)譲歩構文
    may(might), of course,
    indeed, it is true など but, howeveryet など


    (2)rather, instead, on the contrary → 前が否定文で、後ろが肯定文

     ex) 英語は嫌いじゃない。On the contrary 好きだ。


    <対応(論理語)>

     論理語は全部で4種類。
    (1)同義(=)  
     [ 具体例 ] for example, for instance, such as
     [ 言い換え ] that is to say, in other words, in short など


    (2)同類(≒)
     and, also, as well, moreover, similarly, in addition, besides など

    (3)対立(⇔)
      [ 逆接 ] but, however, yet, although, nevertheless, in spite of など  

      [ 対比 ] while, on the other hand など

    (4)因果(⇒)
      [ A ← B ] for, because, this is because 
      [ A → B ] therefore, thus, so, as a result, this is why


    第3問 | 20:59:41| Trackback(0)| Comments(0)
    <練習問題> 選択肢の品詞はすべて同じ…。
    (1)01年 追試験
    Seeing wild bears in the wild can be one of the most memorable experiences on camping trips in national parks. 29 it can also be a dangerous one if care is not taken. Some campers make foolish mistakes. For example, they get out of their cars to take a snapshot or even try to feed the bears. 30 , acting like this toward wild bears can turn an enjoyable vacation into a tragedy.


      29
    ① Nor   ② Otherwise  
    ③ Therefore  ④ Yet


    30
    ① Meanwhile  ② Namely  
    ③ Shortly   ④ Unfortunately



    (2)00年 本試験
    The ancient Romans believed that the right side of the body was the good side, 30 the left side held evil spirits. Their word for “right”, dexter, gave us dexterous, which means “skillful”, whereas their word for “left”, sinister, means “evil” or “wicked”. This may have created nagative attitudes toward left-handedness.
    But today, left-handedness is becoming more and more acceptable in society, and is even considered advantageous in some sports. 31 , left-handed people do not have to feel “left out” any more.


      30

    ① instead  ② otherwise  
    ③ unless  ④ while


    31

    ① Because of this     ② Beginning with this
    ③ Nonetheless       ④ Unfortunately


    第3問 | 20:57:35| Trackback(0)| Comments(0)
     第3問B  文整序 5点×2問=10点 (目標時間6分)

     ここで、1文1文じっくり読んで解いていたら、時間がいくらあっても足りないので、ポイントを絞って考えていくようにしなければならない。

    【原則-1】 解答のポイントは2つ!
    (1)指示語  注意すべき指示語は3つ! 
    this(+名詞)・these(+名詞)・such(+名詞) の3つ。

    (2)論理語  2ページ前に載せてます…。
     文章を読解するのではなく、この2ポイントを「探しながら読む」!


    【原則-2】ポイントを探す場所は3箇所。

    ① 選択肢② 空欄の直前文③ 空欄の直後文


    【原則-3】 ワンポイントアドバイス
    (1)一番優先して考えるポイントは『対立』を表す論理語!「対立」の論理語を中心に、グループ分け(大人⇔子供・+⇔-現在⇔過去など)をすると解きやすい!

    (2)指示語は『直前』を指す!  読解では、遠くを指す指示語もあるが、文整序では直前を指す指示語しか出ないと思っていい。


    第3問 | 20:55:47| Trackback(0)| Comments(0)
    <練習問題>
    (1)97年 本試験
    To stay healthy, we should maintain a balance between physical and mental play ― the play of the body and of the mind. ( ) As a result, we may begin to lose our physical health.


    A. By the time we are adults, we may stop participating in physical play altogether.
    B. As we get older, however, our games are likely to involve more mental than physical activity.
    C. When we are very young children, we use our bodies a lot when we play.

    ① A-B-C ② A-C-B ③ B-A-C ④ B-C-A ⑤ C-A-B ⑥ C-B-A



    (2)04年 本試験
    Interpol is an international police organization that promotes cooperation among more than 180 nations to fight against international crime. Unlike the image created in films and TV movies, Interpol agents do not travel freely from country to country, arresting criminals here and there. ( ) In this way, member countries help one another within the limits of their own laws.

    A. No country would be happy to see these agents ignore its laws.
    B. Such information is gathered from the police of the member nations.
    C. What Interpol basically does is to send information on criminals over its telecommunications network.

    ① A-B-C ② A-C-B ③ B-A-C ④ B-C-A ⑤ C-A-B ⑥ C-B-A



    (3)00年 追試験
     The smile may no longer be an effective way to mask one’s true feelings.
    ( ) If the psychologists’ claim is proven to be true, perhaps people will worry less about what they say and more about which muscles to use when they smile.

    A. For example, in the true smile, the muscles surrounding the eyes tighten, while the cheek muscles pull the corners of the lips upward.
    B. On the other hand, in the false smile, the muscles between the eyebrows move slightly, while the muscles around the mouth pull the corners of the lips downward.
    C. Some psychologists have claimed that true smiles and false smiles use different muscles.

    ① A-B-C ② A-C-B ③ B-A-C ④ B-C-A ⑤ C-A-B ⑥ C-B-A



    (4)97年 追試験
     Wolves have an interesting way of raising their young. When a female wolf is ready to give birth, she digs a hole. (  ) Then instead of the mother, another female will stay behind to guard the young wolves.

    A. When she is taking care of these babies, other wolves bring her food.
    B. After they get a little older, the mother can leave them while she goes off to hunt with other members of the group.
    C. Within this hole, she has her babies.

    ① A-B-C ② A-C-B ③ B-A-C ④ B-C-A ⑤ C-A-B ⑥ C-B-A




    第3問 | 20:54:45| Trackback(0)| Comments(0)
     第3問C  文補充問題 6×3=18点 (目標時間6分)

    この問題を素早く解くポイントは『どの文を読むべきか、を見極めること』!後は、各段落に入れる選択肢は1つだけという条件をうまく使って解こう!

    【原則-1】 読んでいく順序
    (1) 第1段落 → テーマの把握
      来年はまた変わるかもしれないが、今までのセンター試験では第1段落に空欄がなかったので、ここで「文章のテーマ」をつかむ。

    (2) 選択肢の3文 → 『論理語』・『指示語』Check!

     論理語・指示語が見つからなければ、抽→具がないか、探してみよう! andなどで並列されていたら、具かな、と考えよう!

    (3) 空欄①~⑥の直前・直後文→『論理語』・『指示語』Check!

     文整序でもやったけど、「this / these+名詞」はしっかりチェック! あと、後ろから修飾されていない「the+名詞」も指示語として考える。

    ★『本文』と『補充する文』とのつながりを考える!
     逆の発想を持とう!つまり「空欄①~⑥のうち、3箇所はなくても文は通じる!」          
      ↓こう考えてもいいよね!!
    「各段落にある2箇所の空欄のうち、なくても文が通じるのはどっちか?」


    第4問 | 20:54:06| Trackback(0)| Comments(0)
    <練習問題> 02年 本試験
     What would you do if you wanted to learn about something? A traditional way is to go to your bookshelf, pick up a dictionary or encyclopedia, and start turning pages. Now, however, you can turn on your computer, connect it to the Internet and start its search program. You just type in the keyword(s), click “search” and soon you will have what you are looking for.
     It seems as if anything you want to know can be found on the Internet. ① The range of information you can find on the Net varies from gossip, to news, to the most advanced technological findings. Furthermore, the information is always fresh. ② It seems we do not need to “know” or “remember” anything except how to get information from the Net. Or at least, there is no longer any need for the shelf space to hold those volumes of encyclopedias.

     What is being lost, though, is the joy of discovery. In many ways an Internet search is like a package tour, on which you generally know where you are going and see only what the tour organizer has selected. Similarly, what you find in the Internet search is controlled by the site’s owner or is the result of a computer program. ③ On the other hand, turning the pages of an encyclopedia, as you look up an entry, is more like wandering through a forest. ④ This may stir up a new interest, which will eventually lead you into a totally different topic.

     The word “encyclopedia” originally meant “general or well-rounded education”. ⑤ With a traditional encyclopedia, this well-roundedness may be achieved by the discoveries readers make by turning the pages. In comparison, heading straight to the target word through a series of clicks on a computer is rather linear. ⑥



    30 New information is constantly added, past files are re-written, andnews reports are broadcast as they come in. 31 This suggests that technological changes in the methods of getting information may limit the opportunities for learning.  32 You may accidentally find something interesting in the entry just next to the one you have been looking for.


    第3問 | 20:52:57| Trackback(0)| Comments(0)
     第4問  Visual読解問題 35点 (目標時間15分)
     
     ここでは、「評論文を読解する力+図表を読み取る力」が試されている。

    図表・グラフがメインで、説明文がオマケと考えよう。

    【1】Visual読解問題の本文の展開パターン
    ① 実験・調査の「背景」となる一般論…設問に関係ないことが多い。

    ② 実験・調査の「目的」…設問になることが多い!

    ③ 実験・調査の「手順」…設問になることもある。

    ④ 実験・調査の「結果・考察」…ここで図表を完成!


    第4問 | 20:52:23| Trackback(0)| Comments(0)
    【2】Visual読解問題の図表の特徴

     センター試験では、必ず正解を1つに決めないといけないので、問題に使われる図表は、意図的に答えを出しやすいように作り変えられている。だから、計算が複雑になったり、微妙な判断が必要なときは図表の見方が間違っていると思った方がいい。とにかく、「本文や設問」と「図表の数字」の関係が「明らか」でない場合は、もう一度考え直すこと!


    第4問 | 20:51:50| Trackback(0)| Comments(0)
    【3】Visual読解問題の問題形式
     ① 実験・調査の目的を問う問題
      ex) The goal of the experiment was  34 .(99 本試)
     
    ★Key Word★
    (in order) to-V, aim, goal, end, purpose, taskなど
     

    ② 実験・調査の手順を問う問題
    ex) People were first chosen for the survey in the following way: 36 .
    (01本試)
      
    本文の該当箇所が広範囲にわたるので、注意!!



    第4問 | 20:51:05| Trackback(0)| Comments(0)
    ③ 実験・調査の結果を問う問題
      ex)  35  have gradually regained their earlier degree of popularity after six years of decline.               (00 追試)


    ★重要表現★(1)「変化」の表現 
    *増加:increase / grow / rise  
    *減少:decrease / fall / decline / drop
    *一定:remain / stable 

    <注意>「~まで増加(減少)した」=「to ~」と「~だけ増加(減少)した」=「by ~」の違いに注意!!
     ex) His weight has increased by 2 kilograms.
      彼の体重は2キロ増えた。 
    ex) His weight has increased to 60 kilograms.
      彼の体重は60キロまで増えた。

    (2)変化の程度 
    *次第に:gradually / increasingly / steadily / constantly
    *すこし:slightly / a little 
    *かなり:dramatically / remarkably / considerably / quite

    (3)「割合・倍数」の表現 
    *the proportion of three to one 3対1の割合 
    *a third=one third 3分の1
    *doubled from A to B AからBに倍増した
    *four times   4倍


    第4問 | 20:50:12| Trackback(0)| Comments(0)
    ④ 実験・調査の考察を問う問題
    ex) The main finding of the research was that   . 
    (00 本試)


    ★重要表現★
    *the figures indicates that ~ その数値は~を示している
    *another finding もう一つわかったこと
    *concluded that ~  ~と結論付けた 
    reach the conclusion that ~ ~という結論に達する
    *regarding the result of the survey その調査結果に関して


    第4問 | 20:48:47| Trackback(0)| Comments(0)
    ⑤ 最後の内容一致問題
     最後の問題であるが、ここで難しいのは選択肢を選ぶ根拠が「本文にあるのか」「図表にあるのか」ということである。手順としては、まず「図表」に該当箇所があるかを確認する。そのあとで、本文を探す。
    最大のヒントは、大部分の該当箇所は、本文の後半にあることを知っておこう。



    第4問 | 20:47:58| Trackback(0)| Comments(0)
    【1】会話問題のねらい
     会話問題のねらいは、「英会話の文章を読み、必要な情報と不必要な情報とを識別する力」を試す問題である。ここでの「必要」「不必要」とは、もちろん後に続く設問を答える時に「必要」か「不必要」か、ということである。



    第5問 | 20:47:31| Trackback(0)| Comments(0)
    【2】会話問題の設問
     ① 会話文中に適切な語句を入れる問題
     ② 会話文中の記述から適切なイラストを選ぶ問題
     ③ 会話文中の下線部の意味を選ばせる問題
     ④ 会話文中の内容と一致する記述を選ばせる問題


    ※答えが明らかなのは、積極的に選べばよいが、わざと紛らわしい選択肢が入れてあることが多いので、基本的に「消去法」で選んでいくようにしよう!


    第5問 | 20:47:01| Trackback(0)| Comments(0)
    【3】相づち表現
     「相づち表現」は、普段見かけることがないので、初めて見るとビックリするかもしれないが、あまり大した意味を持たない表現なので、1通り知っておくといいだろう。
    ① sort of
    ② uh-huh
    ③ uh-uh
    ④ Like what?
    ⑤ Guess what?
    ⑥ A what?
    ⑦ my goodness
    ⑧ I’ll say
    ⑨ hang on
    ⑩ you know

    ① ちょっと・まあね② はい(=Yes)③ いいえ(=No)④ たとえばどんな?⑤ 何だと思う?⑥ 何だって?⑦ おや、まあ(主に女性)⑧ 本当にそうだね(同感)⑨ ちょっと待って⑩ ええと


    第5問 | 20:46:19| Trackback(0)| Comments(0)
    【1】物語問題の特徴
     出題される問題は、高校生が読んで解くものなので、読みものとして健全なものでなければならない(変な物語が出題されたら、面白いとは思うけど。例えば・・・以下略)。だから、物語で扱われるテーマは限られてくるので、知っておこう!

    ①「愛」をテーマとするほのぼの系エッセイ
    ②「人間の成長」を描いた物語 → 途中で「苦労」を伴う
    ③「教訓」を含んだ物語


    第6問 | 20:45:21| Trackback(0)| Comments(0)
    【2】物語問題の選択肢の特徴
    1 正解の選択肢は、ほとんどが本文の巧妙な言い換えとなっている。
       物語の内容がわかってない受験生が正解しないように、本文に出でてくる表現を組み込んで、間違いの選択肢をつくり、逆に本文には出てこない言い換え表現で正解選択肢を作る傾向がある。だから、言い換えられてない選択肢は疑うこと!

    2 絞り込めない場合は「選択肢」が「物語のテーマ」と一致するか、が決め手。
       「物語のテーマ」とは【1】の①~④のどれか、である。選択肢が2つ残ってどちらが正解か判断できない時は、「選択肢の内容」と「物語全体のテーマ」とが一致するかどうかを考えよう。

    3 選択肢に具体例ができる限り凝縮されていることもあるので注意!
       本文の何行目と一致しているか、という出題は少なく、段落全体の内容と一致しているかどうか、といった出題が多くなっている。本文の具体例を含んだ抽象的な表現で書かれている選択肢が正解になることがあるので注意。


    第6問 | 20:44:38| Trackback(0)| Comments(0)
    【3】物語問題を解く手順
    ① 設問A(問1~問5)の問題文をCheck!
    ここでのポイントは2つ!
    ()Key Word(登場人物・場所・時間)をチェック!
     ()物語のテーマを予想!(上の①~④のうちのどれか)

    ② 本文に入っていく
      本文に入っていくけど、1文1文しっかりと読解してはいけない!本文は読解ではなく①でチェックしたKeywordを探すことをメインに考えること!

    ③ Keywordを見つけたら、その段落の最後まで読み、設問へ!
      Key Wordを見つけても、そこで止まらずに段落最後まで読み進めること。
    その段落最後まで読んだら、選択肢の吟味をしていこう。基本は消去法!
     それでも、答えが決まらなければ次の段落へ。(段落単位で読み進めること!)
     <以下繰り返し>
     ◆ 設問Aの順番と本文の流れは対応していることが多い。
     ◆ 本文を1度読みきった時点で設問Aを解き終わっていること!

    ④ 最後に設問Bを解く。
      設問Aの問題文・答えがヒントや手がかりになることが多い。



    第6問 | 20:44:04| Trackback(0)| Comments(0)
    【4】本文・選択肢を読む時の注意点
    (1)all / no / never / alwaysなどの強い表現はチェック。
       時間がないときは、これのある選択肢を優先的にはずす。

    (2)比喩表現は設問に問われやすい。
        比喩表現で代表的なものはlike「~のような」である。
       例えば、本文で It sounded like a million dollars. 「それは100万ドルのように聞こえた。」とあったら、likeだけ外した選択肢が必ずあると思っていい。like以外は本文と一致しているので選んでしまいそうだが、ひっかからないようにしよう。

    (3)理由の表現(特にbecause)があれば必ずチェック。
        理由の部分に×の記述がある場合が多いので、必ずチェック


    第6問 | 20:43:22| Trackback(0)| Comments(0)
    第6問 物語問題
    <解法手順>
    (1)Aの設問のリード文を読んで、Key word (登場人物・場所・時間etc)をCheck!

    (2)本文を読み始める

    (3)Key Wordを発見したら、その段落の終わりまで読み、設問の選択肢を吟味する。
    それでも答えが決まらなければ、次の段落へ!(段落単位で読み進めること!)
    <以下繰り返し>

    ◆設問の順番と本文の流れは対応していることが多い!
    ◆本文を1度読みきった時点でAの問題が解けていること!!

    (4)最後にBの問題を解く
    ◆Aの設問・答えがヒントになることが多い!!

    ★選択肢と本文との該当箇所を見つけた上で○×を考える!
    ★『時の表現』『数字』『比喩』『強い表現(all,noなど)』はcheck!

    未分類 | 23:59:53| Trackback(0)| Comments(0)
    前のページ 次のページ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。