■PROFILE

earpick

  • author: earpick
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
  • (05/15)
  • (05/15)
  • (05/15)
  • (05/15)
  • (05/15)
  • ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
  • 就職活動体験記~内定への道~
  • 履歴書・エントリーシートの書き方
  • 就職活動 自己分析 自己PR
  • 就活の面接・質問対策1
  • 就活の面接・質問対策2
  • 一人暮らし応援サイト
  • 一人暮らしのアルバイト
  • 一人暮らしのインテリア
  • 一人暮らし 引越し 引越し 無料で引越し見積もりで格安引越し! 多数の業者に引越し費用一括見積もり!
  • 就職・転職情報~IT・エンジニアリング・システムエンジニア・フード・サービス・営業・事務など~
  • 一人暮らし 部屋探し・賃貸情報
  • 就職・転職 派遣
  • 就職・転職 エンジニア・IT
  • 就職・転職 インターン
  • 就職・転職 総合
  • 就職・転職 薬剤師
  • 資格試験・スキルアップ
  • 徒然草
  • 英語名言集
  • 基礎からの国公立大英語
  • 日本全国の就職・転職情報
  • 英語イロイロ
  • 日本全国の引越し情報
  • THE WORDS
  • 資格試験・スキルアップ
  • 引越し 見積もり
  • 引越し 無料無料見積もり情報
  • 資格試験 資格取得でスキルアップ
  • 就職活動 インターン
  • みんなの就職活動日記 みん就
  • 治験 バイト 治験 モニター
  • リゾート バイト
  • 北海道 引越し 業者 見積もり 無料 格安
  • 東京都 引越し 業者 無料 見積もり
  • 神奈川県 横浜 引越し 業者 見積もり 無料 格安
  • 千葉県 引越し 業者 見積もり 無料 格安
  • 愛知県 名古屋 引越し 業者 見積もり 無料 格安
  • 大阪府 引越し 業者 無料 格安 見積もり
  • 京都府 引越し 業者 見積もり 格安 無料
  • 兵庫県 神戸 引越し 業者 見積もり 無料 格安
  • 広島県 引越し 業者 見積もり 無料 格安
  • 福岡県 引越し 業者 見積もり 無料 格安
  • 就職活動情報
  • 一人暮らしの役立つ情報
  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
     第2問A  文法問題 2点×10問=20点 (目標時間4分)

     ここで必要なことは「時間をかけないこと」である!1問あたり30秒かけてもわからなければ、次の問題に進むといった「捨てる勇気」を持つこと。配点も高くないので、「いくつか落としても仕方ない」という気持ちで臨むこと。

    ただし、下のポイントはマスターすること。


    【大原則】文法問題の注意点
     決して『意味』から考えるな!まずは『構造』(品詞の役割・Vの文型)から考えて、それから『意味』へ!


    【原則-1】 完全文と不完全文
    ・完全文…文型が成立していて、名の不足がない文

    ・不完全文…名が1つ欠けている文(=S・O・Cが1つ欠けている)

    (1)what, which, who, whom(--ever含む)の後ろ
       =必ず「不完全文」

    (2)thatの後ろが完全文=接続詞
       thatの後ろが不完全文=関係代名詞

    (3)その他すべての関係詞・接続詞・疑問詞の後ろ
       =必ず「完全文」


    【原則-2】 節の役割
     節の役割とは、節が文中で[ 名詞節 ]・( 形容詞節 )・<副詞節>のどれか、ということである。

    (1)what, how →必ず[ 名詞節 ]

    (2)who, which, why →[ 名詞節 ]か( 形容詞節 )

    (3)if, whether, 接that →[ 名詞節 ]か<副詞節>

    (4)関代that →必ず( 形容詞節 )

    (5)when, where →[ 名詞節 ] か( 形容詞節 )か <副詞節>

    (6)その他 →必ず<副詞節>


    スポンサーサイト
    第2問 | 21:37:38| Trackback(0)| Comments(0)
    【原則-3】 関係代名詞thatの禁止令

    関係代名詞thatは、以下の用法で使うことは禁止である。注意しよう。

    (1)コンマ+that
     ex) I live in Kyoto, that is famous for its temples. (whichならOK)


    (2)前置詞+that
     ex) Kyoto is the town in that I live. (whichならOK)


    <練習問題>
    (1)Last night Cindy told me about her new job in Tokyo, [ ] she appears to be enjoying very much.

       ① which  ② where  ③ what  ④ when


    (2)“Are you going somewhere during the vacation?”
     “Yes, I’ve found a nice beach [ ] I can enjoy swimming even in February.”

     ① how  ② when  ③ where  ④ which


    (3)Last winter I went to Hong Kong, [ ] as warm as I had expected.

       ① when wasn’t     ② where it wasn’t
       ③ where wasn’t     ④ which it wasn’t


    (4)It is often said that an American starts a speech with a joke, [ ]
    a Japanese has an apology to make.

       ① which  ② what  ③ while  ④ that


    第2問 | 21:35:55| Trackback(0)| Comments(0)
    【原則-4】 時制
     時制は、受験生が間違いやすいので出題されやすい。時制を考えるポイントは『動詞の種類』『基本時制』『変化形』の3つである。

    必ず、『①動詞の種類 → ②基本時制 → ③変化形』の順番で考えていくこと!


    (1)動詞の種類
     動詞には「動作動詞」と「状態動詞」がある。

    * 動作動詞…意図的な「動作」を表す動詞=「点」
      ex) run, teachなど

    * 状態動詞…「長い期間の状態」を表す動詞=「線」
     ex) know など

     動詞の種類によって変化する形が違うので、まずは「動詞の種類」を考える!


    *みんなが「時制」と呼ぶものは2つの部分からできている。例えば「現在完了形」ならば、「現在」と「完了形」から成り立っている。
    「現在」の部分を基本時制、「完了形」の部分を変化形と呼ぶことにする。


    (2)基本時制の決め方
     過去や未来の特定の時間を表す語句がある? → Yes:「過去」「未来」を選ぶ
    → No:「現在」を選ぶ

    ex) 「過去」= yesterday, when I was little など  
      「未来」= tomorrow, next week など


    (3)変化形の決め方

    ()状態動詞の場合

    ★期間や起点を表す語句があるか?

    →Yes:完了形 have Vp.p.(for ~・since ~)
    →No:普通形
    ex) 期間…for two hours, How long~?など
      起点…since 2000 など

    センターはこれで十分!

    ()動作動詞の場合

    ★期間や起点を表す語句がある場合(ほとんど毎年、期間を表す語句あり!)

    → 完了進行形 have been Ving

    ★期間を表す語句がない場合
     ほとんどの場合、基本時制の時点で答えが出る!ただ、これだけは押さえておこう!
     *同時=普通形 
     *動作完了=完了形
     *動作途中=進行形

    センターはこれで十分!

    第2問 | 21:34:07| Trackback(0)| Comments(0)
    <練習問題>
    (1)We [ ] playing baseball for about half an hour when it started to rain very heavily.

      ① had been  ② have been
      ③ might be  ④ would be


    (2)“Are John and Mary still living in New York?”
    “No, they [ ] to Dallas.”

       ① are just moved      ② had just moved
       ③ have just moved     ④ will just move


    (3)“It is our wedding anniversary next Tuesday, and by then we [ ] married for ten years.”


      ① are   ② will have
      ③ will have been  ④ would have


    (4)I [ ] in China for three years when I was a child, but I can’t speak Chinese at all.

    ① have been  ② have once stayed  ③ lived  ④ went


    (5)“Is that Italian restaurant next to the bookstore new? ”
    “No, I think [ ] for more than a year now.”

    ① it’s been open  ② it’s open 
     ③ it’s opened   ④ it was open


    (6)“I’m very sorry, but the manager isn’t here yet. Shall I have her call you when she gets in?”
       “No, I’ll call back. If I call again in an hour, do you think she [ ]?”

    ① had arrived  ② has arrived 
    ③ will arrive  ④ will have arrived


    (7)“I wonder if Stella has lost my number. [ ] he call for the last two hours. ”

        ① I’d expected    ② I’ll have expected
        ③ I’m expecting ④ I’ve been expecting


    (8)Tetsuya didn’t hear the doorbell when his visitors arrived, because he [ ] a shower.

      ① has been taking  ② was taking 
     ③ took   ④ has taken




    第2問 | 21:31:01| Trackback(0)| Comments(0)
    【原則-5】 助動詞の時制 助動詞はセンターで頻出の分野で、中でも、助動詞の時制はよく問われるので、しっかりマスターしよう! 助動詞の過去形(would / could / might / should)+原形Vは『現在』 助動詞で『過去』を表したい時は、『助動詞+have Vp.p.』*助動詞の問題はまず、『時制』から考えること!!


    【原則-6】
     狙われる助動詞センターで狙われる助動詞は4つしかない。

    *助動詞問題は、最後は「意味」で決まるので、それぞれの意味を知っておこう!

    (1)
    ① may / might V    「Vするかもしれない」   
    ② may / might have Vp.p.  「Vしたかもしれない」 

    *mayよりmightの方が、可能性低い。 
    *②は実現可能性がない時(=「仮定法」)もあるので注意。


    (2)
    ① can / could V   「Vする可能性・能力がある」   
    ② can’t / couldn’t have Vp.p. 「~したはずがない」  ③ could have Vp.p.      「~したかもしれない」 

    *③は「実際にはしてないが、できた可能性がある」(=「仮定法」)の場合もある。


    (3)
    ① must V 「Vしなければならない・Vするに違いない」   ② must have Vp.p. 「Vしたに違いない」 
    *②は否定形では用いない。


    (4)should have Vp.p.  「Vするべきだった(実際はしなかった)」


    第2問 | 21:28:55| Trackback(0)| Comments(0)
    次のページ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。